ozakijukuのブログ

津市久居にある塾のブログ

3期生と飲んだ。成績向上と怒る・叱るの関係

先週、3期生のKとTとオールラウンドの渡辺先生と久居の屋台寿司で飲んだ。

2人とも通常なら大学4年生だが休学して留学をしていたため、現在3年生。

コロナでオンライン授業になっているそうだ。本来ならインターンや夏のイベント等に忙しいはずの3年生だが今年はそうもいかず、それぞれ飲食や引っ越しのアルバイト、母校での部活指導補助等を頑張っている様子だった。今は仏のように叱らない授業をしている(つもり)が、3期生当時はオラオラ言っていたようで、2人は当時の話を面白おかしく語ってくれとても楽しかった。特にMが「宿題をする時間がないんです」と言ったのに対し、俺が「昨日どう過ごしたかタイムスケジュールを書いてみろ」と言って、Mが出した紙を見て激怒した話。「なんで晩御飯3時間も食べとるんね!」

卒塾生たちと、こうやってお酒を飲みに行けるのは塾をやっていて良かったと思える時間の一つだ。ほぼ無名で今よりずっと小さなテナントだった塾に来てくれた3期生までの生徒達、そしてその保護者の皆様に改めて感謝!

店には偶然、結婚式の余興動画(1期生のYが撮ってくれた)を送った1期生のKも夫婦で来店し子供の写真を見せてもらった。時間が過ぎるのはアッという間だと再確認した夜だった。

翌日、怒る・叱ることについて考えた。確かに以前に比べて、怒り・叱らなくなった。感情に任せて「怒る」のと相手の事を考え「叱る」のは違うなどという話は、今回はどうでも良い。いじめと一緒で叱られている側が「怒られている」と感じれば怒りなのだ。ともあれ、怒る・叱るが減ったのは、単純にそれで相手にこちらの真意が伝わったり、相手の行動が変わることは少ないと実感したからだ。声を荒げず、机や椅子を蹴らず、相手を威嚇せずに、純粋に『話をする』ことが一番効果的に思いを伝えられると、今は思う。おそらく今の教育界にとっては常識だと思うことが、塾を始めた当時はよく分からなかった。当時の塾でいやな思いをした人もいただろう。反省。

先日、テストを返された中学1年の生徒が「やばい点数やから家でめっちゃ怒られる」と話しているのを聞いた。詳しく点数を聞くと、例えそれが3年生の1学期末テストだったとしても進学校を十分狙える点数だった。点数はどうであれ、特に家族がテストの点数に対して怒っても効果はないだろう。むしろやる気をなくす弊害のほうが大きいと思う。目標を定め、それを達成できるよう行動をする事が、テストでも部活でも上達するコツだと思う。今回のコロナ明けテストでは、久居中1位等、多くの生徒が自己ベストを出した。一方で大きく点数を下げた生徒も中にはいた。

同じ塾で同じ講師に学んでいても、結果は大きく違う。原因は勉強する意思の違いだと思う。

今回初めて1位だった生徒も自己ベストを出した生徒達も、テスト前意欲に溢れていた。長時間の自習はもちろん、こちらが用意した教材が終わると追加の教材をこなした。中にはかなり頑張ったが思うような結果がでなかった生徒もいた。例年数人はこのような『めっちゃ頑張った後のテスト結果が振るわない』事が起こる。しかし、その次のテストでは自己ベスト等、かなり良い結果を出せる。この9年間で同様の悩みを聞いた生徒は全員、夏時点の志望校かそれより難しい高校に合格している。大げさかもしれないが、挫折からの復活という体験は、今後の人生において大いに活かせる体験となるはずだ。

結局、やればできる、やらないとできないのだ。

やる気があれば生徒は自ら学ぼうとする。分からない箇所を積極的に質問に来るし、次は何をしたらよいかと具体的な質問が来る。

やる気がなければ、例え保護者に言われ塾で自習を長時間しても成績は上がりにくい。質問はしないし、小テストは答えを丸暗記してその場しのぎでやりすごしてしまう生徒が多い。

 

やる気を出させるにはどうしたら良いか?という質問を頂くことが多いが、とても難しい。答えは無限にあるが、その人によって変わるのである意味究極の問題だ。

まずはなりたい人物像を徐々に形成していくことが近道だと考えている。

何でも良いと思う。「金持ちになりたい」「サラリーマンになりたい」「専業主婦になりたい」等々。じゃあ金持ちってどんな仕事している人が多いのかという話や、サラリーマンっていう職業はなく仕事は無限にありしかも増えているという話、専業主婦のリスクの話しとか、とっかかりさえあれば、仕事の話は家庭でも、塾でも、どこでもできるはずだ。そして自分が楽しいと感じるのはどういう時か考えたり、色々な人に会って話を聞いたり、様々な種類の映画を観たり、小説を読んだり、村上龍『14歳のハローワーク』や最近のベストセラー『なぜ僕らは働くのか』を読む等(2冊とも塾にあります)、徐々に未来の理想の自分を作っていけば、今やるべきことが見えてくるかも。

 

自粛期間中に読んだ本の一部

自粛期間中に多くの本を読んだ。少しご紹介。

現実逃避なのか本屋で興味を惹かれるのは小説が多かった。

原田マハはこの期間で初めて読んだ作家だったが、「奇跡の人」「キネマの神様」「楽園のカンバス」「フーテンのマハ」と立て続けに読んだ。

奇跡の人の三味線の音、キネマの神様の市ヶ谷の映画館の空気感、楽園のカンバスのルソーの狭いアパートの部屋。

2か月経ってもそれぞれの本の情景を思いだすことができる。読書は自宅でできる、脳の旅だ。

そもそも本屋でみかけた原田マハの著作を手に取ったのは、何かの記事で原田宗典の妹だと知っていたからだ。

中学時代は原田宗典の愛読者だった。「東京困惑日誌」等のエッセーに笑いつつ、「スメル男」では著者の想像力に驚嘆しながらワクワク読んだ。思春期特有の悩みや喜びをおもしろおかしく描く作品が多く、今でも好きな作家の一人だ。

そんな彼は覚せい剤で逮捕された後、「メメントモリ」で復帰した。メメントモリは、精神の底をさまよいながら、ついには逮捕されるまでの経緯、そして復帰の光がみえるまでを私小説風に描いている。

小説以外では、例えば瀧本哲史の「2020年6月30日にまたここで会おう」だ。

著者は2019年に病のため47歳で亡くなった。数年前に初めて読んだ「君に友達はいらない」からの愛読者だった私は少なからずショックを受けた。しかし作家は、亡くなっても作品は残る。この本は2012年に東大の伊藤謝恩ホールでの公演をまとめたものだ。

学生に向けての公演ではあるが、学生のみならず全ての働く人のやる気に火をつける、素晴らしい内容だった。主人公はあなた自身だよという話。

最後に紹介するのは上出遼平の「ハイパーハードボイルドグルメリポート」。

もともとはテレビ東京で放映していた番組。著者は同番組のプロデューサーで、番組だけでは伝えきれないとの思いからこの本を執筆したのだろう。

有名人や有名番組が出す本にありがちな、大きな文字で行間も内容もスッカスカの本の対極に位置する、次郎系もびっくりな濃厚な1冊だった。

テーマは表題の通り「世界各地で様々な人と一緒に飯を食べる」ということにつきるのだが、リベリアの墓地で暮らす元少年兵達の現在の境遇や少年兵になった経緯、そして同地区で暮らす売春婦の晩御飯時にみせる優しさ、エボラ出血熱から生還した女性の食事時のつぶやき、ケニアのごみ山で暮らす青年の描写、ロシアの新興宗教団体の空気感、どこをとってもズシンと心を動かされる内容だった。

善悪は人によっても、境遇によっても、時代によっても変化しうるという、私が普段の生活で意識する事の少なくなった当たり前の事実を淡々と描写しており、うなりながら読んだ。

 

中1ギャップをやっつけろ

長い自粛期間を経て、初めての試験が明日で1校を除きすべての中学で終了する。

Zoomの授業を実施してきた自粛期間後に教室で振り返りのテストを実施すると、自粛期間前と比べて顕著に生徒間で学力差が生まれていた。学年が下がるに比例してその差は大きく、中1は半数ほどが自粛期間前よりも理解度が落ちていた。

自粛期間明けの6月は多くの時間を復習に費やした。特に中1には定期テスト後に勉強面での「中1ギャップ※1」が起こらないように注意を払った。けれど塾での勉強そのものがすでに中1生の心に「ギャップ」を生み出してしまっていたのかもしれない。

英語のクリアテストでなかなか合格できずにいた中1の生徒が「こんなに(多くの英単語を)本当に覚えやないかんのですか?」つぶやいた。


「覚えやないかんのさ。たしかに英語を始めたばっかりで今は覚えるんに時間がかかってたいへんかもしれんけど、だんだんパターンみたいなんが身についてきて、覚えるん早くなるで」というような回答をしたが、真意を説明できていなかったと思うのでここに書いておく。

中学校では授業が終わると多くの生徒は部活に参加し、敬語を用いた「先輩」とのコミュニケーションが発生する。授業だけでもしんどいのに部活に人間関係etcと、心も体も小学校と比べ格段に忙しくなる。

一方で現状の中学校の定期テストは暗記が大半を占めている。高い点数を取るため、というより平均点を取るためには、小学生の時に暗記してきた何倍もの量の暗記が必要になる。その量をテスト前に一気に覚えるのはとても難しい。

だからこの塾ではできるだけ少しずつ覚えるために小テストを実施し、テスト前に負担にならないようにしている。

毎回の小テストをクリアしていけば、テスト前にはテスト範囲の大部分が一度は覚えた状態になっている。テストで良い結果を出しやすい準備ができる。そしてテストで思うような結果がでれば、やってきた事に自信が付き、自己肯定感につながる。

順位が分かる中学校のテストは、良くない結果が出た場合、多くの1年生は傷つく。たかがテストだけど。1度目のテストでうまくいかなかったときに、「次は頑張るぞ!」とやる気の出せる子供なら何の心配もない。頑張ればよいのだから。しかし、中には「ぼくには勉強は無理だ」と思ってしまう生徒がいる。残り約3年間ある学校生活(勉強面)が楽しめなくなってしまうのはもったいない。たかが1度のテストで。

人間の能力は、生まれつき足の速い人、力が強い人、視力が良い人、リーダーシップがある人、話をしっかり聞いて良い判断を下せる人、等々、多種多様である。先に挙げた例はすべて古代であれば大いに活躍していたであろう能力だ。

そんな中、たかが学力(しかも暗記中心)だけで、学校から個人の能力として多くの判断がなされる中学校というは思春期の子供を、混沌としたグローバル社会で幸福を追求して生きていけるよう育成する機関として未完成だ。

先に挙げた能力の例は、飛躍的に伸ばすのは(可能かもしれないが)困難なものだ。

しかし!中学レベルの勉強は正しい方法でやれば、やるだけ学力が上がる。

たかが勉強で、人生において特別な時間になるべきワクワクの3年間にブレーキをかけるのはもったいない。

だから、英単語のスペルを覚えよう!

と伝えたかった。おおげさではなくマジで。以上、まじめな話でした。

※中1ギャップとは 引用benesse 

中1ギャップとは小学生が新中1生となったときに、学校生活や授業のやり方が今までとまったく違うため、新しい環境(学習・生活・人間関係)になじめないことから不登校となったり、いじめが急増したりするなどいろいろな問題が出てくる現象